スポンサーサイト

2018.04.07 Saturday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    category:- | by:スポンサードリンク | - | -

    なぜこんなところに?

    2018.05.07 Monday 10:38
    0

      米ペンシルベニア州の陸橋の橋桁(はしげた)の端部分を走る狭い通路状の場所にヤギ2頭が迷い込んで立ち往生し、同州の高速道路行政当局などが特殊クレーン車を出動させて助け出す騒ぎがこのほどあった。

       

      近くの農場から逃げ出した2頭と見られるが、この8インチ(約20・3センチ)幅の出っ張り部分に入り込んだ理由は不明。地上からの高さは150〜200フィート(約46〜61メートル)だった。

       

      現場は同州西部のマホーニング川に架かる陸橋。州警察の警官が最初に見付け、高速道路行政当局に通報。同州運輸行政当局にも救出の支援を要請していた。

       

      出動したのは、折り曲げることも可能で先端部分に人間が乗れるかごのようなものが付いた特殊なクレーン車両。最初の1頭は、かごの中に収容した後、陸橋の道路上に運ぶことに成功。2頭目の処理には手間取ったが、クレーンを使って橋の陸地部分へ追いやるような形で助け出していた。

       

      救出作戦には60〜90分かかっていた。2頭を飼育する農場経営者もこの作戦を見守った後、ヤギを引き取り、帰宅したという。

      高速道路行政当局の報道担当者は橋梁での今回のようなヤギ騒動は初めてと説明した。

      category:- | by:hanamizuki14comments(0)trackbacks(0)

      幻想的な狐と野鳥の姿

      2018.04.07 Saturday 17:05
      0

          空虚で無興味的な魔術師パプアニの視線。画家の最晩年期となる1902年に制作された本作は、当時、まだ西洋文化が浸透していなかった未開の地(人食い人種が住んでいると考えられていた)であるタヒチ北東のマルキーズ諸島の主島≪ヒヴァ・オア島≫の儀式を司る原住民魔術師(魔法使い)パプアニを描いた作品である。

          2人の婦人へ差し出される小さな白花。パプアニの背後に描かれる樹の傍の2人の婦人はゴーギャンが同時期に制作した他の作品からの転用であることが知られており、両作品の関係性については今なお研究が進められている。

          幻想的な狐と野鳥の姿。魔術師パプアニに用いられる強い原色的な赤色と濃紺の衣服は西洋絵画の伝統的な宗教的色彩と共通しているものの、そこから生み出される印象は全く異なるものであり、本作においてはゴーギャンが心象として抱いた魔術師の不可思議性や恐怖的感覚を見出すことができる。

        category:- | by:hanamizuki14comments(0)trackbacks(0)

        ミストラル避けの藁に覆われた糸杉の若木

        2018.03.07 Wednesday 12:15
        0

            紺色の郷土的な衣服を身に着けるアルルの婦人。近景には2人のやや年齢の高い婦人がほぼ同様の姿態で描かれており、特に顔が明確に描かれる左側の婦人は南仏アルル駅前にあったカフェ・ド・ラ・ガールの主人の妻マリー・ジヌー夫人であることが明白である。

            ミストラル避けの藁に覆われた糸杉の若木。本作で最も注目すべき点は総合主義の典型的表現手法であるクロワゾニスム(輪郭線で囲んだ平坦な色面によって対象を構成する表現描写)による様式的アプローチと、日本趣味からの影響を感じさせる非遠近的表現にある。

           

            平面的かつ装飾的に表現された柵。前景の茂み、柵、人物、糸杉、遠景の緩やかに曲がる小道、そして画面右上の池など構成要素のほぼ全てが明瞭な輪郭線と大胆な色彩を用いた色面によって平面的に描写されている。

          category:- | by:hanamizuki14comments(0)trackbacks(0)

          ブラッド・ピット、カフェで出会った美女に自己紹介しウインクも

          2018.02.05 Monday 11:01
          0

            長年の愛を実らせアンジェリーナ・ジョリーと2014年にゴールインするも、2016年に長男と親子喧嘩をした末に離婚を申請されてしまったブラッド・ピット。その後は子ども達6人、そしてアンジェリーナと暮らした家で涙する日々が続いたというが、驚くような激ヤセを経てどうにか立ち直り、再び「50代にして枯れない男の色気」で女性ファンを酔わせている。そんなブラッドも、しばらくは“女性との出会いを楽しむゆとり”は無かったというが、最近では様子も少々変わってきているようだ。

             

            先日、ブラッド・ピット(本名:ウィリアム・ブラッドリー・ピット)がロサンゼルスの人気カフェ「Coffee Commissary」を訪問。そこでの様子を目撃した人物は、『NYポスト/Page Six』にこう語っている。

             

            「ブラッドさんは、バイクで到着しました。」


            「サングラスをかけ、ジーンズにレザージャケットという服装でした。」

             

            よほど混雑していたのか店内で列をなし待っていたというブラッドは、ある金髪美女と話し始めたそうだ。

             

            「女性のほうは、すごくはしゃいでいました。女優ケイト・ボスワースにちょっと似ていましたが、ケイトではありませんでしたよ。」

             

            そんな中、女性は「リディアと申します」と自己紹介。ブラッドは手を差し出し「僕はウィリアムっていうんだ」と答えたところ、女性は「まあ、ブラッドリーに似ているわ」。これに対しブラッドは、こんな風に言葉を返したという。

             

            「それは、俺のミドルネームなんだ。」

             

            そう言うなり、ブラッドは女性にウインクし喜ばせたのだそう。去り際に女性は「会えて良かったわ、ブラッドリー…じゃなくて、ウィリアムよね」と声をかけ、ブラッドは思わず声をあげて笑っていたそうだ。そして商品の購入を済ませたブラッドは、再びバイクにまたがり颯爽と帰って行ったという。

             

            現在ブラッドは54歳。アンジェリーナ・ジョリーとの辛い破局を経て一時は憔悴しきっていたが、今はすっかりクールで粋なブラッド本来の姿に戻っているようだ。今年はアンジェリーナとの離婚を成立させ、次の恋に進む可能性もあるかもしれない。

            category:- | by:hanamizuki14comments(0)trackbacks(0)

            画面中央に描かれる金髪を靡かせた女たち

            2018.01.05 Friday 12:16
            0

                画面中央に描かれる金髪を靡かせた女たち。共に印象派展へ出品もしていた同時代の大画家ピエール=オーギュスト・ルノワールの旧蔵となる本作は、森の中で繰り広げられる男女、そして女と女による愛の争いの情景を描いた作品である。

                強姦的な様子さえ感じさせる男女の姿。本作は小作ながら、セザンヌの個人的な記憶(画家は若かりし頃、よく友人らと水浴を楽しんでいた)や愛への考察・傾向が根幹となっていると推測することができる作品であり、同時期の画家の極めて重要な作品と位置づけることができる。

                セザンヌ独特の荒々しく劇場的な筆触。本作の愛の争いをおこなう男女らの姿は非常に暴力的であり、否が応にも画家初期の乱暴な強制力による性的妄想を予感させるものの、一方では愛を称える賛歌的な作品とする説も唱えられている。

              category:- | by:hanamizuki14comments(0)trackbacks(0)

              グランド・ジャット島の日曜日の午後

              2017.12.05 Tuesday 12:21
              0

                 新印象派の創始者であり、点描表現における第一人者でもあるジョルジュ・スーラ最大の代表作『グランド・ジャット島の日曜日の午後』。

                 

                 本作は本来1885年のアンデパンダン展(無審査出品制の美術展覧会)に出品される予定で1884年から制作に着手された作品であるが、同展の開催が中止となり、変更と修正を加えた後、最後の印象派展となった1886年の第八回印象派展に出品され、大きな反響を呼んだ。

                 

                 さらに本作は1889年以降に画布から枠を外し、赤色と青色による点描による縁が加筆されたことが知られている。本作はパリ北西、セーヌ河の中央にある細長い島≪グランド・ジャット島≫で人々が夏の余暇を過ごす情景を描いた作品で、本作がそれまでの印象派の作品と最も異なるのは、点描表現による自然風景の描写にある。

                 

                 印象派の作品は偶然性を利用した躍動感と超自然的な(直感的)色彩に満ちているが、スーラが本作で示した「色彩の同時対照の法則(ミシェル=ウジェーヌ・シュヴルール著)」や「近代色彩論(オグデン・ルード著)」など科学的理論に基づく新印象派的様式とその表現は、理論的な色彩配置による美しく秩序的な光と自然に則した的確な色彩を獲得しており、その何れも非常に効果的な役割を果たしている。

                category:- | by:hanamizuki14comments(0)trackbacks(0)

                映画業界に続け、性的虐待に対し声を上げるファッション業界

                2017.11.28 Tuesday 11:09
                0

                   米ハリウッド(Hollywood)の大物プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタイン(Harvey Weinstein)がセクハラ疑惑で取りざたされている中、米国人モデル、キャメロン・ラッセル(Cameron Russell)がインスタグラム(Instagram)で、彼女のフォロワーたちがファッション業界で体験した性的虐待行動について公開した。ラッセルは何十もの匿名の体験談を、数日間にわたり投稿した。

                   

                   ラッセルは12日夜、体験談を匿名で共有することを呼び掛けた。彼女はそれらの体験談を、数日間にわたり自身をフォローしている9万人ものフォロワーに、#MyJobShouldNotIncludeAbuse(私の仕事に性的虐待は含まれるべきでない)というタグ付きでリポストし共有した。

                   

                  「今週ハーヴェイ・ワインスタインについて聞き、性的虐待行動がどのくらいまん延していて、常習的なものか話題となった」と、「シャネル(CHANEL)」や「ヴィクトリアズ・シークレット(Victoria's Secret)」でもモデルとして起用された経験のあるラッセルはつづった。

                   

                  「こういった体験談は、私たちの業界では珍しいことではない。しかし声を上げるきっかけとなった。互いに声を掛け合い、声を上げ、弁護士やしっかりとしたリポーターたちに話している」と話すラッセルは、雑誌やモデル事務所に行動を起こし、「食い物にする者」と仕事をしないように呼び掛けた。

                   

                   この体験談は最近のものから、20年も前のものまで多岐にわたった。モデルに対し性的虐待を加えた、もしくは加えようとした者の多くはフォトグラファーやスタイリストだ。彼らの標的となったのは主に女性だが、中には未成年や男性もいた。これらを体験した被害者によると、こういった行動はファッション業界においては普通のことだと言い聞かされたという。

                  category:- | by:hanamizuki14comments(0)trackbacks(0)

                  如何に両者が刺激し合っていたかが窺い知れる

                  2017.11.21 Tuesday 16:09
                  0

                     同時代に活躍したラファエル前派の画家アルバート・ムーアの『頸飾り(首飾り)1875年頃制作』からの影響が指摘されている本作は、独特な淡色的な色彩や装飾性に富んだ画面構成など、ホイッスラーが1865年にムーアと出会って以来、互いに認め合いながらも影響を及ぼし合い続けたムーアの作品の匂いを如実に感じさせる。

                     また完成時期は異なるものの、制作開始時期はほぼ同時期であることが知られている本作とムーアの『頸飾り(首飾り)』の構図やモデルの姿態、日本趣味的な構成要素などを比較してみても、殆ど同一であることから、如何に両者が刺激し合っていたかが窺い知れる。

                     

                     本作では、それまでの画家の作品にはあまり見られないメランコリック(憂鬱的)な雰囲気や画面全体を漂う倦怠的な空気、布地を多用した装飾的な衣服の描写などは明らかなムーアの影響であり、画家の表現様式的変化(進化)を考察する上でも本作は特に重要視される作品のひとつである。

                    category:- | by:hanamizuki14comments(0)trackbacks(0)

                    社交パーティー

                    2017.11.14 Tuesday 12:26
                    0

                        
                        近代絵画の先駆的存在ともなった、19世紀フランスで活躍した異色の画家アドルフ・モンティセリの最も典型的な作例のひとつ『社交パーティー』。

                       

                        1875年から1880年頃に制作されたと推測される本作は、モンティセリが想像の上で描いた宴の場面である。モンティセリは若い頃、ルーヴル美術館でロココ美術の≪雅宴画≫の創始者アントワーヌ・ヴァトーの作品の模写をおこなうなどヴァトーの研究に没頭しており、本作でも≪雅宴画≫の影響が示されている。

                       

                        画面の中央から右側には酒盃を掲げる緑色のドレスを着た婦人とそれに寄り添う男、椅子に座る二人の婦人、二匹の犬、若い男(又は女)が配されており、そして画面右部分奥のバルコニーには男性が二人描かれている。

                      category:- | by:hanamizuki14comments(0)trackbacks(0)

                      自分の心臓の鼓動を身にまとうというのは、本当に純粋なこと

                      2017.11.07 Tuesday 10:54
                      0

                         オランダ人デザイナー、アヌーク・ウィプレチェット(Anouk Wipprecht)は、人々が自分の感情に嘘をつかなくても良い世界を願っており、ハイテクファッションがその鍵になると信じている。

                         

                         彼女の作品はデジタル技術とオートクチュールの結合と言えるだろう。社会規範にとらわれず、我々の悪習を断ち切るための解決策を見出したいと、彼女はミラノ・ファッションウィーク(Milan Fashion Week)中、AFPの取材で語った。

                         

                         32歳のウィプレチェットの作品はすでに、元「ブラック・アイド・ピーズ(Black Eyed Peas)」のメンバーでも知られるファーギー(Fergie)がスーパーボウル(Super Bowl)のハーフタイムショーで着用している。またカナダのエンタテイメント集団「シルク・ドゥ・ソレイユ(Cirque du Soleil)」のために3Dプリンターで作成された衣装も制作している。

                         

                         彼女の最も革新的なデザインの1つは、クリスタルメーカー「スワロフスキー(Swarovski)」と共同開発したもの。内蔵センサーにより、着用者の心臓の鼓動に合わせて光が点滅する。誰かの生命力を展示することは、シンプルに、あるいは詩的に聞こえるかもしれないが、信じられないほど自らをさらけ出すこととなる。

                         

                         例えば、片思いをしている相手と話しているときや、仕事の面接のときにそれを着用していたら? 彼らはあなたの心臓が、恐怖や興奮で高まっているのが手に取るようにわかるのだ。「鳥肌が立ったり、赤面してしまうのと同じで、自分の意思では制御できない。純粋な意味で、自分の感情をさらけ出すことができてしまう」と彼女は語る。「自分の心臓の鼓動を身にまとうというのは、本当に純粋なこと。多くの気まずい場面に直面させられてしまうことも、私にとってはとても興味深い」
                         

                        category:- | by:hanamizuki14comments(0)trackbacks(0)

                                    
                        有名油絵情報
                                    
                        Calender
                          12345
                        6789101112
                        13141516171819
                        20212223242526
                        2728293031  
                        << May 2018 >>
                        Selected entry
                        Archives
                        PR
                        Search
                        Others
                        Mobile
                        qrcode
                        Powered
                        無料ブログ作成サービス JUGEM