背景の荒々しく自由闊達な筆触などもドガの表現的特長として挙げられる

2017.06.12 Monday 11:06
0

    バレエの基本的なポーズをとる踊り子。本作は画家が数多く手がけたバレエの踊り子(バレリーナ)を画題とした作品の中の一点で、ドガの卓越した個性的な絵画表現が随所に示されている点は大いに注目すべきものである。

     

    肉体的緊張も感じられる間接の動き。主画題となる2人の踊り子を画面中央から右側にかけて配し、左側の空間を大きくとった(そして画面左端には3人目の登場人物となる踊り子の衣装=チュチュが僅かに見えている)奇抜的で独特な構図や空間構成は、日本の浮世絵のような印象さえ観る者に与える。

     

    奔放で自由闊達な筆触。画面の中で人物を一際明瞭に照らす人工的な光の都会性や近代性を感じさせる光源処理や、その中で要点的に用いられる色彩の描写手法、背景の荒々しく自由闊達な筆触などもドガの表現的特長として挙げられる。

    category:- | by:hanamizuki14comments(0)trackbacks(0)

    スポンサーサイト

    2017.10.17 Tuesday 11:06
    0
      category:- | by:スポンサードリンク | - | -
      Comment








         
      Trackback
      この記事のトラックバックURL

                  
      有名油絵情報
                  
      Calender
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << October 2017 >>
      Selected entry
      Archives
      PR
      Search
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM