木立のモチーフが画面の中心で支配的な印象を示している

2016.11.18 Friday 11:36
0

    その作品でも、木立のモチーフが画面の中心で支配的な印象を示している。しかし最近の研究において、イサーク・フアン・オスターデを好んで模倣した一人の画家が注目されるようになったーその画家へリット・ファン・へースに、今日までイサーク・ファン・オスターデ作とされてきた若干の作品(《砂丘の宿》ロッテルダムのボイマンス=フアン・ビューニンゲン美術館蔵、《宿屋の前の楽士と農民たち》べルリンのHW・ランゲ旧蔵、19401018日の競売における、No.44)を帰属させることができる、というのである。

    category:- | by:hanamizuki14comments(0)trackbacks(0)

    バスがトラック追突 乗客ら13人死亡

    2016.10.24 Monday 10:52
    0

       アメリカ西海岸のカリフォルニア州で23日未明、カジノ帰りの人たちを乗せた観光バスがトラックに追突し13人が死亡、31人がけがをした。

       

       事故が起きたのは、カリフォルニア州南部パーム・スプリングス近郊の高速道路。地元警察によると観光バスがトラックに追突し、バスの乗客と運転手あわせて13人が死亡、31人がけがをした。バスは南部の街にあるカジノからロサンゼルスに帰る人たちを乗せていた。事故が起きたのは夜明け前の午前5時すぎで、乗客のほとんどは寝ていたとみられるという。

       

       ロサンゼルスにある日本総領事館によると、日本人が被害にあったという情報は入っていない。事故の原因は分かっておらず、NTSB(=国家運輸安全委員会)の調査官が現地入りし調べることにしている。

      category:- | by:hanamizuki14comments(0)trackbacks(0)

      モデルの同定は確認される

      2016.09.29 Thursday 10:17
      0

        以前この肖像画にはフアン・ダイクによるものではない、後世になって書き加えられた銘文:R.P.CAROLVS SCRIBANI/SOC:IESV./OBIIT.24.IVNI.1629./AETATIS.69があったが、その内容は正しいとしても、画家の手に成るのではないということで、1910年の画面9谷復の際に除去された。

         

        当代の有名な人々の肖像画染であるファン・ダイクの『イコノグラフィア』中の、この絵の銅版画による複製によって、モデルの同定は確認される。

        category:- | by:hanamizuki14comments(0)trackbacks(0)

        今一度姿勢を変えて同じ絵のずっと右寄りの所に現れる

        2016.09.19 Monday 17:10
        0

          左上方の白い胸をした犬は、《サテュロスに眺められている眠るニンフたち》(パリ、狩猟と自然の美術館蔵)の絵に現れ、さらに今一度姿勢を変えて同じ絵のずっと右寄りの所に現れる。

          この犬の習作の成立年は、上記の対作品の成立年の推定と歩調を合わせて、1616年頃とされているが、幾っかのディアナの主題の絵の中でその個別モチーフが利用されていることからすれば、むしろ1620年代初期きする方がふさわしいと考える向きもある。

          category:- | by:hanamizuki14comments(0)trackbacks(0)

          マドンナ親権問題に決着 息子は英国の父と暮らすことに

          2016.09.08 Thursday 18:17
          0

            米歌手マドンナと元夫で英映画監督のガイ・リッチーの間に誕生したロッコ君は、現在16歳。母とともに暮らしていた彼は長期ツアーにも同行し移動続きの生活だったが、そんな日々にウンザリしたロッコ君は昨年、リッチー監督のもとを訪れ「僕はここで暮らしたい」と断言した。それを叶えてやりたいリッチー監督、そして息子を取り戻したいマドンナはかなり激しく衝突したが、ようやくその騒動に幕が引かれた。

             

            すでに新しい妻を迎え、新たに3人の子にも恵まれたガイ・リッチー監督。そのもとにマドンナの産んだロッコ君が身を寄せたままアメリカへの帰国を拒否し、「ニューヨークの学校はどうするの?」というマドンナを無視して現地の学校にも通い始めた。

             

            そんな中マドンナはリッチー監督に対する怒りと憎しみを募らせ、テネシー州にて開催したショーでは「(過去に)最低野郎と結婚してしまった」とリッチー監督をメッタ斬りに。その一方で時にはステージで涙を流し「息子に歌を捧げたい」とうなだれることもあった。だが何か月にも及ぶ話し合いを続けた結果、マドンナもようやく気持ちの整理がついたようだ。このほどリッチー監督の弁護士はメディアの取材に応じ、以下のようにコメントしている。

            category:- | by:hanamizuki14comments(0)trackbacks(0)

            後に小型画面の動物画に専門化した

            2016.08.29 Monday 10:02
            0

              フランクフルトで活動したネー釣レラント人のヨドクス・ア・的ンゲは、その玄わずかな現存作品において、様式的にスプランゲルに負うところが多いが、彼もまたルドルフ2世のために仕事をした。ドイツで活躍した移住者たちの中には、ピー引いスノ、ウカレークの名も挙げられる。

               

              一方、プラハの芸術家のレープに数え人れられるルーラントサたレイは、後に小型画面の動物画に専門化したが、花弁画も手掛けており、その点でヤン・ブリューのレ(父)との類似を示している。

              category:- | by:hanamizuki14comments(0)trackbacks(0)

              天井から吊られたシャこデリァの頂部には

              2016.08.18 Thursday 10:17
              0

                しかしそれがさらり強調されると、画家は古風な“ブルゴーニュ風のスリット入りの上着を着用しているとか、地図は、1648年以降ではもはや法的にも妥当性を失った過去のまだ政治的に統一されていたネーデルラント17州を表すもので、その南北への分裂は地図の面そのものに生じた鋭い垂直の破によって暗示されるとか、天井から吊られたシャこデリァの頂部には、

                統一時代の支配者、ハプスブルク家の双頭の鷲の意匠が見られるといった、一見もっともと思われる諾細部が強調されて論じられ、遂には歴史画が尊重されていた過去の時代へのノスタルジ7を、結婚後はカトリックに改宗したフェルメールにおいて認めようとさえするかのような意図が明らかになってきた。

                category:- | by:hanamizuki14comments(0)trackbacks(0)

                米音楽フェス、薬物中毒で観客24人を搬送

                2016.08.08 Monday 12:22
                0

                  米オハイオ州で開かれた音楽フェスティバルで6日、観客24人が薬物中毒の症状を示して病院へ運ばれた。

                   

                  地元保安官事務所の幹部が同日午後に語ったところによると、意識を失った例はなく、全員命に別条はないという。

                   

                  CNN系列局は、午前中に一部の観客が強力なマリフアナ入りキャンディーを摂取し、午後になって20人が中毒を起こしたと伝えた。

                   

                  病院の報道担当者によると、搬送された患者には当初、ヘロイン中毒などに使われる薬を投与したが効果がなかった。そこで患者らが摂取したキャンディーを調べたところ、マリフアナ成分が検出されたという。

                   

                  保安当局の薬物対策チームが詳しい経緯などを調べている。逮捕者は出ていない。

                   

                  音楽フェスは同州クリーブランドの南西約140キロに位置するバトラーで2日間にわたって開かれた。同幹部によれば、会場の入り口では全ての車を対象に車内検査が行われていた。

                  category:- | by:hanamizuki14comments(0)trackbacks(0)

                  収集室の数多の絵画に取り囲まれている様子を描き込んだ

                  2016.07.28 Thursday 10:57
                  0

                    こうした作品の取得に際して芸術家としての助言者を務めたのは、大公の宮廷画家たちであり、最初はヤン・フアン・デン・へッケ(父)、次いでダーフイット・テニールス(子)とヤン・アントーン・ファン・デル・バーレンであった。

                     

                    テニールスは、さらにその上、レオポルト・ヴィルへルムの収集を一連の画廊画でもって記録し、その画中には、彼の廷臣の様々の成貝を引き連れた大公が、収集室の数多の絵画に取り囲まれている様子を描き込んだ。

                    category:- | by:hanamizuki14comments(0)trackbacks(0)

                    エミール・ルノーブル

                    2016.07.18 Monday 14:20
                    0

                      妬器を美術の媒体としようと考えた陶芸作家の若い町にの一人.ルノーブルの作品は今世紀初めの10年間にすでに認められた.彼は幸運にも妻の祖父であり19世紀の優れた陶器研究家で革新者のエルネスト・シャプレの工房を受け継いでいる.

                      完成品は一して自由きままに作られたと見まごうが,実は注意深く計画され.形成過程を統御した賜物なのである.マリノの作品には他に追加された装飾は兄られないにの瓶の赤い刻跡は彼のガラスと絵画作品の多くにある特徴である.

                      category:- | by:hanamizuki14comments(0)trackbacks(0)

                                  
                      有名油絵情報
                                  
                      Calender
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << August 2017 >>
                      Selected entry
                      Archives
                      PR
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM